スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.03.13 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アラジンの魔法のランプ

    0

      目を閉じて、
      ランプの精の
      ジーニーが
      目の前にいると
      想像して見て下さい。

      他に誰もいない。

      あなたと
      ジーニーだけです。

      そこで、
      ジーニーは
      あなたにこんた事を
      いいました。

      「お願いを一つだけ
      叶えてあげよう。
      どんなお願いでも
      構わないが、条件が
      二つある」

      一つは、「もっと
      お願いを叶えて
      欲しい」というお願いは禁止。

      そしてもう一つは、
      他の誰かの自由を
      奪うようなお願いも禁止。

      目の前に
      ジーニーがいるつもりで本気で考えて
      下さい。

      目を閉じて、
      思い浮かんだ
      ことを
      パット言ってしまおう!

      それを紙に書く。

      ここでジーニーに
      お願いしたことが、
      あなたにとって
      一番の望みです。

      フィルタリングは
      禁止。

      頭で考えるのでなく、
      反射的に頭に
      浮かんだのが
      あなたの答えです。

      ◆質問のチカラ

      「あなたが本当に
      欲しいものは
      なんですか?」


      言葉の魔法

      0

        理想の自分になるために、ぜひ意識して欲しいのは言葉の使い方です 。


        言霊(ことだま)という言葉がありますが、言葉は魂を持つと昔から言われています。


        言葉 の影響力はスピリチュアル的な話ではなく、脳科学でも証明されていることです。


        セルフイメージを変えるために大切なのが、言葉の使い方です。


         普段、自分が耳にする言葉、口にする言葉に注意しましょう!!


        ずっと聞いている言葉は知らず知らずのうちにあなたのセルフイメージを構築しているからです。


        悪口や陰口が 多い 人とは距離を置くこと。


         逆に、自分のことを褒めてくれる人やポジティブな言葉が飛び交うコミュニティに進んで参加してみる。

        言葉には魔法のような効果があります 。


        一言で自分や人を元気にすることも、反対に傷つけることもできるのです。


        ◆質問のチカラ

        あなたを元気にしてくれる言葉を3つ 書いてください。









         


        自分へのご褒美

        0


          「フルマラソンに、
          なぜ挑戦するの?」

          ある女性に
          聞いた事が
          あります。

          彼女から、
          帰ってきた
          答えは、
          「自分への
          ご褒美」

          というように、なにかにチャレンジする時には、「自分へのご褒美」が大切です。

          「フルマラソンを完走したら、前から
          欲しかった、お気に入りの時計を、自分に
          ご褒美!」という目標を立てました。

          ちょっと矛盾しているようにも聞こえますが、なんだか楽しそうに取り組める気がします。

          どうせやらなければいけないことなら、ワクワクしながら取り組んだほうがいいですよね。

          自分がなにをやれば、重い腰を上げようという気になれるのか。
          その「なにか」を考え、チャレンジするときにワクワク度を高めることが大事なのです。

          「フルマラソンを完走したら、〇〇ちゃんに凄いね!」と言われように。

          こんなふうに、自分なりの目標をゲーム感覚で設定してみると、これからチャレンジすることがきっと楽しいものに思えてくるはずです。

          ◆質問のチカラ

          「やる気の源泉は
          何?」


          やる気のスイッチ

          0

            「健康の為に、
            毎日、歩こう!!」

            いざ決めたけど、
            「今日は、眠いから
            やめよう!」

            「また、明日から
            始めよう!」

            ・・・

            そんな事、ないですか?


            やらなきゃいけないことなんだけど、どうも重い腰が上がらない。

            よくあることですよね。

            ◆質問のチカラ

            そんなとき、あなたならどうしますか?


            質問力を高める

            0

              ◆質問力を高める

              今度は質問力についてです。質問力とは、質問をする力と同時に、相手の言葉やその言葉の奥の本音を読み取って整理する力でもあります。

              本当の意味で話を理解していないと、トンチンカンな質問をしてしまうことがあります。そんな経験はありませんか? 

              良いインタビューアとは、読解力(この場合=傾聴力)があります。

              読解力があるからこと、そこからさらに確信に迫る質問ができるのです。

              ではどうしたら質問力を高められるかというと、傾聴力を磨くことが大前提で、その上で、純粋に湧いてきた興味から質問をすることです。

              上手い質問をしようとか、いい答えを引き出してやろうと言うような自分主体で考えるのではなく、先入観を外して傾聴し、そこから純粋に湧いてきた感覚を言葉にするのがいい質問です。

              人に対しても自分に対しても同じことで、自分に質問するときも、何かを意図せず、子どもが質問するような純粋な興味から自分に質問してみてください。

              ◆幸せのしつもん

              「普段、自分に
              どんなしつもんしてますか?」


              傾聴力を高める

              0

                傾聴力とは、言葉だけでなく、相手をエネルギー全体で捉える力です。例えば、「口では元気と言っているけど、どうも元気がないな」なども傾聴力のひとつです。

                傾聴力を高めるためには、相手の表情や声のトーンやスピード、雰囲気など、さまざまな視点で相手を捉えていくことが大切ですが、これは相手の言葉を聞くというよりも、"相手のエネルギーを感じる"という方が正しいです。

                相手の言葉の奥の本音を読み取る力をとでも言いましょうか。これを自分自身にもしてみましょう。

                自分への傾聴力を高めることは、自分の心の声を聴くということです。頭で考えた答えではなく、心から湧いてくる本当の答えに耳を傾けましょう。

                ちなみに、"聞く"と"聴く"は違います。聞くは、音が聞こえるイメージですが、聴くは、心から耳を傾けて聴くというイメージ。まさに傾聴とはこちらの聴くを表しています。


                リストアップとランキング

                0

                  質問に慣れてきたら、今度はもう少し進んで、自分の好きなものや心地いいもの、逆に嫌いなものや苦手なものなどもリストアップしてみましょう。

                  ・あなたが幸せ(喜び)
                  を感じる瞬間は?
                  ・思わず、「イラッ!」
                  としてしまう瞬間は?
                  ・思わず、焦ったり不安になったりする瞬間は?
                  ・思わず、悲しくなってしまう瞬間は?
                  ・感動して思わず
                  泣きそうになってしまう時は?
                  ・あなたが人から
                  言われ嬉しい言葉は?
                  嫌な言葉は?
                  ・ワクワクする時は?
                  ・モチベーションが
                  上がる時は?下がる時は?
                  ・やる気のスイッチは?
                  ・口癖は?
                  ・マイルールは?
                  ・トラウマは?

                  リストアップしていくうちに、やはり自分の好みや傾向、さらには価値観が見えてきます。

                  他にも私がよくやるのは、お題を提示して自分の中で勝手にランキングをつけること。これはある意味、ゲーム感覚で楽しく自分とコミュニケーションするための方法でもあります。

                  リストアップやランキングをつけることで、自分の中の価値観や優先順位を知ることができます。

                  自分の価値観や優先順位を深く知ると(潜在意識に落とすレベル)、選択に迷いがなくなり、大切なものをより大切にできる自分になるでしょう。


                  自分に質問をして答えを書き出してみる

                  0


                    まずは簡単なことから、自分に質問してみる。

                    いきなり「私には何が向いていると思う?」など難しい質問ではなく、「今日これを選んだのはなぜ?」など、既に自分がしてきた選択(意識・無意識問わず)に対して、なぜ? と理由を聞くことから。

                    ・好きな食べ物は?
                    嫌いな食べ物は?
                    ・好きな映画は?
                    ・好きな本は?
                    ・マイブームは?
                    ・好きな異性のタイプは?
                    ・憧れの人は?
                    ・好きな言葉は?
                    嫌いな言葉は?
                    ・好きなファッションは?
                    ・好きな髪型は?
                    ・好きなメイクは?
                    ・どんな家に住んでみたい?
                    ・お気に入りの
                    場所(空間)は?
                    ・行きたい国は?

                    例えば、
                    ・今日のランチを◯◯に決めたのはなぜ?
                    ・私はなぜピンクのものをよく選ぶのだろう?
                    ・今のパートナーを選んだ理由は?

                    こうした質問をして、質問に答えることにより、そこに隠れている自分の価値観を知ることができます。

                    質問が少ないうちは気づきにくいですが、たくさん自分に質問を繰り返すことで、ある傾向や共通点(価値観)に気づくでしょう。

                    また、こうした質問を繰り返すことにより、自分とたくさんコミュニケーションが取れるので自分と仲良くなり、湧いてきた小さな感情や感覚に気づきやすくなりますよ。

                    最初のうちは必ず質問とその答えを書き出すことが大切です。自分の中にあるものを紙に落とすことで、客観的にそれを知ることができ、よりきちんと整理されます。

                    ステップ2 リストアップとランキング

                    質問に慣れてきたら、今度はもう少し進んで、自分の好きなものや心地いいもの、逆に嫌いなものや苦手なものなどもリストアップしてみましょう。

                    リストアップしていくうちに、やはり自分の好みや傾向、さらには価値観が見えてきます。

                    他にも私がよくやるのは、お題を提示して自分の中で勝手にランキングをつけること。これはある意味、ゲーム感覚で楽しく自分とコミュニケーションするための方法でもあります。

                    リストアップやランキングをつけることで、自分の中の価値観や優先順位を知ることができます。

                    自分の価値観や優先順位を深く知ると(潜在意識に落とすレベル)、選択に迷いがなくなり、大切なものをより大切にできる自分になるでしょう。


                    お客様の課題

                    0

                      「好きな事で、好きな人と、一緒に生きる人生!」

                      ビジネスは「お客様の課題解決」

                      お客様の問題は以下6種類。

                      (1)不安
                      (2)不満
                      (3)悩み
                      (4)痛み
                      (5)解決したい問題
                      (6)満たしたい欲

                      ターゲットとなる人をイメージして、この6種類を基にお客様の問題を最低100個書き出すことで”お客様の本当の問題”を見つけることが
                      出来ます。

                      ◆質問のチカラ

                      「お客様の課題
                      (ストレス)は?」




                      理想のライフスタイル

                      0

                        多くの人は、ワークスタイルを決め、その後にどう生きたいかを決めていきます。

                        でも、それでは仕事中心の人生になってしまいます。

                        どう働くかの前に、
                        「どのように生きるか?」

                        「何を大切にしたいか?」を決めることで
                        人生が、より自分の人生になっていきます。

                        ◆質問のチカラ

                        「ライフスタイルを優先させ、自分のライフスタイルを持っている人は、
                        どんな人生を送っているのか?」

                        「自分が望む、理想のライフスタイルを手に入れるには、
                        何から始めればいいのか?」



                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        27282930   
                        << September 2020 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM